Top
gregory colbert~ashes and snow
c0037814_23512036.jpg
チーターに寄り添う少年、象とたわむれる少女、そんなポスターを街中で見かけ動物好きの私としては気になりつつも、ラッセン的なファンタジーの世界を感じしばらくは通り過ぎていました。その後写真展が開催されているノマディック美術館の様子をメディアで見る機会があり、その圧倒的なスケール感にこれは見に行かなければ!と思い、お台場に足を運びました。
ノマディック美術館はashes and snowのための移動美術館です。貨物用コンテナーを組み上げた壁、太い紙管で作られた柱が連なる回廊、スリランカのティーバッグを開いて貼り合わせ蝋で表面加工した布、その空間は坂茂氏によって設計されました。
ashes and snowは写真、映像、音楽、建築で構成された総合芸術作品です。そのひとつひとつのクオリティ、素材感のバランスが絶妙で(お土産グッズまでも!)全体がみごとに調和しているのです。これが常設の美術館での展示だったら、その作品の魅力は伝えきれないと思います。
個人的には写真よりも映像の方に魅かれました。特にオランウータンと女性がボートの上でたわむれる作品。人間と動物を超えたLOVEを感じたし、クラシカルな音楽とセピアの映像、それはフランス映画のようで、ルイ・マルの「恋人たち」を思い出したのは私だけでしょうか?
ひとつ疑問に思ったのはタイトルのashes and snow。手がかりはもうひとつの作品である小説の中にあるそうですが・・・。
[PR]
by shophouse | 2007-05-18 22:47 | voyage
<< インテリア名品をさしあげます 初めてのバラ >>


ミャンマーラタン輸入歴20年余り。東京世田谷からその魅力をお伝えしています。時々大好きなお馬のことなども♪
by shophouse

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
rattan style
interior
petit deco
art+culture
voyage
moblog
new arrival
information
flower+plant+animal
work
non category
以前の記事
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...
LINK
お気に入りブログ
Flower Suppl...
Venus World
お花でukiuki
LINEN & DECO...
タグ
ライフログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧